読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

損したら書くブログ

投資、投機、買い物などに失敗したとき記事が増えます。

225先物取引 -45,502円

今日はトランプ大統領就任演説の日です。日本時間では正確には21日未明ですが。

私は、トランプ大統領の就任演説では新しい玉が出ることはなく、市場にはすでに織り込まれているか、あるいは市場は様子見を決め込むだろうから、就任演説は無風で通過だろう、と睨んで、腰を落ち着けていました。

しかし、地球の裏側で行われる就任式に向けて、ドルは徐々に高くなり、それに合わせて日経平均先物も徐々に値を上げていました。20日未明に19000円付近で底を打った225先物は、昼間に19100円付近で揉みあった後、昼の引け後にじわりじわりと上げ続け、20日19時頃には19250円まで来ました。

ここで、私はすこし慌てます。

このとき私は、225先物3月限が18850円あたりだったときに建てた20000円コールの売りを持っていました。

  • 3月限C20000@120円-1

先物の値上げに伴い、このコールも200円近くまで上がっていました。もし225先物がさらに値を上げるなら、このコールの値段は一気に跳ね上がる可能性があります。

無風だと思っていたけれど、ジリ上げが止まる様子もないし、これはひょっとするとひょっとするのではないだろうか…?、と、怖くなった私は、20時頃、先物でヘッジすることにしました。

  • 3月限ミニ@19250円+5

建てると同時に19200円にストップオーダーを入れました。つまり、これ以上の値上がりに備えて25000円を保険に支払う、という意図です。

さて、ここで225先物は伸び悩み始めます。19:30につけた19280円を天井に、23時頃には19200円付近まで下がりました。ここでストップオーバーが約定し、25000円の損失が確定。

  • 3月限ミニ@19250円+5→決済@19200円

これで当初の保険は使い切ったわけですが、しかし225先物は19200円を底にまだ上に行こうとしています。

まだ上に行く可能性を否定できない気がする….

そう思った私は、日が変わって0時頃、また19250円まで上がってきたタイミングで、再び先物でヘッジすることにしました。

  • 3月限ミニ@19250円+5

同様に19200円でストップオーダーです。

ただ、建てた後しばらく値動きを眺めていると、もはや上に行く元気はなさそうです。そこで、ストップオーダーに引っかかる前に決済してしまうことにしました。

  • 3月限ミニ@19250円+5→決済@19210円

W天井をつけてもう大丈夫だろう、と思った私は、このタイミングで寝ました。

今回の取引、いろいろ反省点はあるのですが、最も大きな反省点は、やはり先物によるヘッジは難しい、ということです。

ヘッジを入れることは悪い事ではないですが、果たしてこのヘッジは有効な一手だったでしょうか?

あくまで結果論ですが、今回のヘッジは良い手であったとは言えないように思います。理由はいくつかあります。

  1. 自分のルールにない、しかも難しいことを知っているヘッジの仕方であったこと。
  2. ミニ5枚という枚数や50円のストップオーダーに妥当性が無いこと。
  3. ヘッジで守ろうとしていた120円の建玉に対し、結果として45円も、効果が検証できないヘッジに支払ったこと。

要は、じわ上げ相場に対して気分で立ち向かったのが悪かった、と思うのです。

それに、どうせ45円払うのなら、20875円のコールが買えていました。もうちょっと出せば20750円のコールも買えました。ヘッジとしての効果や手数の少なさを考えるなら、先物+ストップオーバーよりもコール買いのほうがよほど効果的であった、と、今になって思います。

きっと、先物を買ったとき、こう考えたのでしょう。

  1. 20000円コールのストップオーバーがそろそろ近い。でも損を確定させたくない。
  2. 損切り分を先物で補填したい。あわよくば先物で利益を乗せてプラスで終えたい。

つまり、まだ見ぬ利益を夢見ていたわけです。これじゃあうまく立ち回ることはできません。

分かっちゃいるんです。分かってないから損したわけですが。この性根を叩き直したい。